コンテンツへスキップ

脱毛をすることによってムダ毛がなくなり、肌がツルツルの状態になるのは嬉しいことですが、施術にはある程度の痛みが伴います。

 

口コミを見てみると、刺すような痛みを感じた、ピリッと電流が走った、ゴムで弾かれたようだったといろいろな感想が見られますが、脱毛方法によってもその違いがありますので、施術を受ける際には自身が痛みに強いかどうか、どの程度なら耐えられそうかを予め確認しておくのがおすすめです。

 
脱毛方法は大きく分けると、フラッシュ脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛の三つが挙げられます。

脱毛サロンで受けられるフラッシュ脱毛の痛み

脱毛サロンで行っている施術はフラッシュ脱毛と呼ばれているもので、元々美肌エステに利用されていた技術を応用して誕生しました。メラニン色素に反応する光を肌に当てることで、毛根に熱ダメージを与えてムダ毛を処理していきます。

 

この熱を生じる際に、毛根に隣接する肌に一瞬熱さが伝わることで痛みを感じることがあるのです。そのため、施術の際には冷やしながら行うのが一般的です。

 
ただし、フラッシュ脱毛の場合には特別な資格を持たないエステティシャンでも使用できる機器を利用しており、毛根を破壊するまでの強い光を照射することができません。その分脱毛の効果は弱いものになってしまいますが、そのかわりに刺激が弱く、痛みを感じにくいというのが特徴になっています。

 
一瞬痛みを感じてもすぐに治まる程度のもので、人によっては全く刺激を感じないということも少なくありません。脱毛には興味を持っているけれども痛みに弱いのが心配だというかたに向いている脱毛方法です。

医療機関で受けられる医療レーザー脱毛の痛み

医療レーザー脱毛の仕組みはフラッシュ脱毛とほとんど同じです。ですが、拡散する複数種類の光を利用したフラッシュ脱毛とは違い、一種類の光を集中的に照射できる分、脱毛の効果が上がります。

 

毛根や毛乳頭を破壊する施術となりますから、医師免許を持っている医師にしか行うことができません。また、強力な照射を可能としているため、脱毛完了までの回数を大幅に減らすことができますが、その分施術には強い痛みを伴いやすくなります。

 
施術の際には医師に相談をして照射出力を調整してもらいながら、我慢できる範囲で施術を行うのが賢明です。ただし、医療機関であることから、我慢できない痛みに対して麻酔を塗布してもらうなどの対策を行うことも可能になります。出力を弱めた分せっかくの脱毛効果も減ってしまいますから、麻酔を有効利用するといいでしょう。

自宅で使用できる家庭用脱毛器について

昨今では性能のいい家庭用脱毛器も登場しており、自宅でセルフケアを行っているかたも少なくありません。フラッシュ脱毛式、レーザー脱毛式の二つの種類が一般的ですが、いずれも家庭で安全に使用できるように業務用の機器に比べて出力が抑えられているのが特徴です。

 
効果を得るためには定期的かつ長期的な使用が必要になりますが、出力の関係で痛みを感じづらいのがメリットです。しかし、事前にしっかりと冷やさなかったり出力を上げすぎてしまうと刺激を感じやすくなり、火傷をしてしまうこともあります。

 

自身に合った出力で適切な使用を行わなければトラブルになってしまいやすく、全ての行程を自己責任で行わなければなりませんから、慎重にならなければなりません。

効果が高いニードル脱毛の痛み

光を利用したフラッシュ脱毛やレーザー脱毛とは異なり、ニードル脱毛は毛穴に直接ハリを刺して電流を流し、一本ずつムダ毛を処理していく方法になります。白髪や細い産毛も処理できる便利な脱毛方法ですが、非常に強い痛みを感じる施術です。刺激のあまりに涙が出てきてしまうかたもいるほどのものになります。

 

その代わりに高い効果を得やすく、ニードル脱毛で処理したムダ毛はその後再生してくる確率が非常に低いものとなり、永久脱毛に最も近い方法です。

 
一部の資格を持っているエステティシャンがいるサロンや、医療機関で受けられる施術になりますが、時間と手間がかかり、なおかつ痛みが強いことから一度に大量のムダ毛を処理するのにはあまり向いていません。

効果と痛みは比例する

一般的には脱毛効果が高い施術方法ほど、痛みが強くなる傾向にあります。効率よく脱毛効果を得たいのであればレーザー脱毛やニードル脱毛を考えるのがおすすめですが、時間がかかってもストレスを感じない方法で施術を受けたいというのであればフラッシュ脱毛が適しているでしょう。自分に合った方法を探して、続けやすい手段で脱毛をするのが賢明です。

部位によっても異なる痛み

脱毛方法だけではなく、施術する部位によっても痛みの感じかたが異なります。光を利用した脱毛方法の場合には皮膚が薄く神経が多く通っている部位ほど刺激に対して敏感になりますので、ワキやアンダーヘア、顔などは痛みを感じやすいのが特徴です。

 
また、脱毛サロンの施術方法や出力の強さによっても感じかたに違いが出てきますから、一概に口コミだけで痛い、痛くないと判断することは難しくなります。実際に自身で施術受けながら出力を調整してもらったり、痛まないようによく冷やしてもらうなどして相談しながら脱毛していくようにするのが、快適な脱毛方法になります。

 

我慢しているだけではわかりませんから、施術に対する要望はなるべく素直に伝えるようにしてください。