コンテンツへスキップ

私は物心ついた時から剛毛で、毛にはずっと悩まされ続けています。
そんな私の現在(28歳)に至るまでの脱毛奮闘記を紹介いたします。

【剛毛に悩んだ青春時代】

中高生時代は剛毛はそこまで気になりませんでしたが、大学入学後から気になり出しました。
異性とのスキンシップが増えた為です。

手、足、は毎日剃っていましたが、
夜剃っても、朝にはもうチクチクしている始末です。
手の甲や口ひげや指の毛もよく見ずとも確認できるので、は3日に一回は剃ります。

背中の毛やVIOも剛毛で、でも自分で処理することができません。
なので特にVIOは伸び放題でこれが1番恥ずかしかったです。
Vゾーンは自分で抜いたりできますが、Iライン、Oラインはどうしたら良いかわからず放置していました。
それゆえ、普段の下着や水着などは際どいものは着用せず、しっかりとIラインを隠すものを選ぶなどしており、
夏場は憂鬱でした。

【脱毛ワックスを使用してみて】

学生時代の私は、剛毛に悩みながらもサロンなど通うことは頭にはありませんでした。
そんな時、薬局にて「脱毛ワックス」なるものを発見し試してみることにしました。

今やブラジリアンワックスは有名ですが、私が購入した脱毛ワックスはそれと似たようなものでした。
粘着面のあるシートを貼り、しばらく放置した後一気に剥がすというものでした。
足、腕に試してみると綺麗に毛が抜けました。
商品はデリケートゾーンへの使用はオススメしてありませんでしたが、IOラインに使用してみました。

結論は「二度としない!」です。
理由は大きく分けて3つです。
①とても痛い
②粘着面がIラインに残って中々落ちない
③そんなに綺麗に抜けない

ご存知の方も多いと思いますが、剥がすときにとても痛いです。皮膚がはがれるんじゃないかと不安になりながら、風呂場で独り頑張りました。
剥がしてみると一部は抜けているものの、大多数は残っていて、しかもベタベタしたものがIラインに残って取るのに苦労しました。
試した後、「一体自分は何をしているんだろう?」という情けない気持ちに苛まれました。

【サロンや病院に行くか、自宅で自分でするか】

脱毛ワックスの失敗後サロンや病院など、専門の機関で脱毛しようかどうか、とても悩みました。
専門の機関に行けば自分のVIOを見られるのがとにかく恥ずかしく中々足を踏み出すことができませんでした。

自宅での脱毛機器は手軽である反面、効果は薄いかもしれませんし、
サロンや医療機関は効果は期待できるが、通うのが面倒ですし、
一長一短で選ぶのは難しく、当分何もせずに過ごしました。

【自宅用脱毛機器「ケノン」を購入してみて】

そんなこんなで剛毛ライフを送っていたあくる日、自宅用脱毛機器で有名なケノンを購入しました。

ネットサーフィンをしていた際、広告に出ていたのが気になって、
商品情報を徹底リサーチしました。
結「使ってみなけりゃわからない!」ということになり試しに購入してみました。

照射レベルがレベルが1?10まであり、
最初は恐る恐るレベル1から照射してみました。
ピリッと痛い程度で、特に効果は出そうになかったので、徐々にレベルを上げていきました。
流石にレベル6あたりから「痛っ!」という感覚になって来ました。

しかし口コミなど見るとレベル10にしないと効果はあまりないという情報もよく目にしましたので、勇気を出してレベル10にて照射しました。

照射範囲は狭いので、地道な作業です。
腕、指、スネ、膝、VIOで1時間はかかります。
ただ、毎日照射するわけではないので特に苦にはなりません。

サロンに行くよりは手早く済んでいるのではないでしょうか。

【ケノンの効果は?】

結局ケノンを半年使ってみて効果はどうだったかというと、
効果はありました!

最初は、照射しても以前と同じように生えて来ていました。
しかし、回を重ねるごとに毛の生える速度が少しずつ遅くなり、若干ずつですが毛の量も減っていきました。
しかし、これは腕やスネなど毛の薄い箇所の話で、VIOは特に効果を感じませんでした。
毛が濃すぎるのかもしれませんね。
照射部分の毛を剃らないといけないですし、何より照射している姿があまりにも滑稽なので今後はVIOには使用しないとおもいます。

ただ、毛の細い部分には私の場合はですが、効果を期待できるので続けたいと思います。

【妊娠すると毛が薄くなる?!】

ケノンを継続して試したかったのですが、妊娠したため念のため使用を中止しました。
その際腕や指、太ももやスネの毛がほぼ無くなりました。
VIOは薄くならずそのままでした。
産後も毛は薄くなったままで、脱毛活動は当面しなくても良さそうです。

妊娠し、ホルモンバランスが変化して薄くなったのか、
ケノンの効果があったのかいまだに謎です。
青春時代から悩み続けた毛の問題ですが、28歳になり出産すると「どうでもいいや」という気持ちになるものです。
VIOも産前はどうにかしようかとも思いましたが、産後は何か吹っ切れた気持ちになり当面は何もしない予定です。
こうして私の脱毛奮闘記は幕を閉じたのでした。

テレビなどのメディアに露出する芸能人は、自己をよりよく魅せるために衣裳やヘアースタイル、それにメークはもちろんのこと、ムダ毛にだって留意しているはずです。モデルやグラビアアイドルなどであれば、その傾向は顕著といえるでしょう。

 

特に永久脱毛であれば、ムダ毛の処理に困ることはないために、肌を露出する部分の大きい衣裳を着用した際に肌を接写されるようなことがあろうとも、肌を美しく魅せることが可能なのです。

 

しかし、芸能人であれば、とても多忙であるために自分で処理をすることが難しくなってくるために、クリニックやサロンでプロの手によって永久脱毛に興じるのです。
そうしたことから、芸能人のムダ毛処理事情を調査してみました。

■グラビアモデルなどの芸能人のムダ毛処理事情

芸能人のうち、特にグラビアに登場するアイドルやモデルは自身の肌を魅せていかなくてはならないために撮影中は、とにかく肌を露出する機会が多いことでしょう。衣裳に至っても水着やタンクトップ、下着などというように全く肌を見せないということは皆無な仕事です。

 

そのために、グラビアアイドルやモデルなどは、自己の体を担保として仕事をしていかなくてはならないために、自己をさらにキレイに魅せるために入念に全身の至る部分のムダ毛に対して注意を払っています。しかし、グラビアで活躍している彼女たちの皆が皆すべてが、脱毛クリニックやサロンに通っているわけではないのです。

 

クリニックやサロンで脱毛処理をすれば、相当キレイに処理することが可能となるのですが、金銭面でも相当の出費を要します。特に全身脱毛であれば、その費用はなかなかのものとなってしまいますよね。

■新人はどのようにして費用を工面しているのか

グラビアモデルやアイドルなどは、いくら自己の体に留意せざるを得ないといっても、新人時代には給与が少額であるために資金が潤沢でなく、とてもクリニックやサロンに大金をはたけません。そのため自己処理によってムダ毛処理をしている人もいるようです。

■自己処理の方法とは

ムダ毛の自己処理のなかには、除毛クリームや脱毛ワックス、それに自宅用の脱毛器具、はてはカミソリや毛抜きなどを用いて脱毛を行っているようです。しかし、自己処理によって脱毛をすれば、肌荒れや毛穴の黒ずみを生じさせかねません。

■プロの仕上がりとは

この点、プロフェッショナルの手によって脱毛処理をしてもらえば、最新鋭の器具を用いることとなるために、自己処理によって起こり得る肌荒れや怪我などに対して恐れることもないばかりか、その仕上がりに至っても自己処理とは雲泥の差です。

 
そして、自己処理によって脱毛することが不可能である箇所についても第三者の手によって脱毛してもらることも可能であるために、背中などの自己処理では到底難しい脱毛処理もキレイにできるのです。そうしたことから、多少の無理をしてでも分割払いをしてでもプロの手による施術が可能となるクリニックやサロンに赴いているのですよ。

■永久脱毛しているのは何もグラビアのみではない

何もグラビアで活躍する女性のみならず、そのほかの有名人なども永久脱毛している人は多いです。些細なムダ毛であれば、ちょっとしたメークやコンシーラーなどで隠すこともできるのですが、テレビの画質の良さからして、何らのムダ毛のない状態でテレビに写っていることからすれば、その処理の精度からして、やはりプロの手を借りているものといわざるを得ないのです。

 
有名人らはテレビを通じて相当多くの人から注目される仕事を行っているために、自ずから美に対して意識が向上していきますから、ムダ毛についても入念に行っている人が当然に多くなってきます。

■永久脱毛を公言している芸能人

時おり、自己が永久脱毛している旨を公言している人がいるようですね。グラビアアイドルやタレント、美容・ファッション面で注目されている芸能人のほかにも、お笑い芸人も該当します。

 

また、VIOが剛毛であるために永久脱毛したと公言している芸能人もいるようですね。通常の場合、芸能人はアンダーヘアを露出することはないのですが、肌の露出させる部分の多ければ、それでもVIOやIラインに対しても永久脱毛している人が多いようです。

■永久脱毛しているのは女性のみではない

男性であっても永久脱毛をしている人は存在します。アーティストやタレントに加えてお笑い芸人も永久脱毛をしている旨を公言しているようですね。なかには何百万も使って永久脱毛に興じた人もいるみたいです。男性の場合であれば、髭を永久脱毛している人も多いです。

■芸能人のムダ毛を見る方も不愉快

テレビで露出する際に、アンダーヘアが映ることはないにしても、ワキ毛やすね毛、それに髭のうぶ毛などが放映されるとなると、本人からすればとても恥ずかしいですよね。それに視聴者からも不快と思われるでしょう。そうしたことを意識して、ムダ毛処理を行っているものといえるでしょう。

 

よって、芸能人がムダ毛に対して自己処理を行わず、プロの手によってクリニックやサロンで脱毛することにより、キレイな素肌になることを実現しようとすることは必須といっても、決して過言ではないような気もしますね。