コンテンツへスキップ

脱毛をお店でするとなると、医療脱毛と脱毛サロンと2つの選択がありますよね。
医療脱毛の方が効果がありそうだし…でも脱毛サロンの方が費用が安そう…などそれぞれ印象があります。

では実際に費用や効果はどう違うのでしょうか?
そもそも医療脱毛と脱毛サロンは何が違うのでしょうか?
それらを説明していきます。

1.医療脱毛とは

医療という言葉がついているように、医療脱毛は美容外科クリニックで行います。
医療関係なので医師がおり、脱毛などの施術も看護師が行うことになります。

脱毛に使う機械はいくつか種類はありますが、主にレーザーでの脱毛となります。
これは医療レーザーと呼ばれ、医療機関でしか使えない専用の脱毛器です。
ですから施術をするときも、看護師などの資格をもっている人しか扱うことはできません。

そして医療脱毛の特徴は、その医療レーザーの出力です。
簡単に言えば出力が高い=脱毛の効果が高いとなりますが、出力が高いと危険性も高くなります。
レーザーは黒い色に反応するので毛穴にピンポイントに照射できるのですが、出力が高いとヤケドの可能性がでてきます。

ですから医療レーザーなどの高い出力の出せる機械は、医療機関でしか使うことが認められていないのです。

2.脱毛サロンとは

脱毛サロンでの脱毛方法は、レーザーで毛穴に光を照射していくという医療脱毛と同じやり方です。
では医療脱毛と何が違うのかというと、使っている機械が違います。

脱毛サロンではある一定までの出力を出す機械しか使うことが認められていないので、どうしても医療脱毛よりも効果が薄くなるのでその分回数が必要になってきます。
まだ脱毛をし始めた毛が濃く太い段階ではさほど差はありませんが、脱毛回数を重ねると毛は細くて薄くなってくるので、そこから両者の差がでてきます。
出力が弱いと細い毛は反応しにくくなってくるのです。

しかし脱毛サロンは、サロンなのでしっかりと肌のケアなんかもしてくれることが多いです。
脱毛が終わった後のスキンケア、そしてエステのような細やかな気配りなんかもあるのが特徴です。

3.価格はどっちが安い?勧誘はある?

費用についてはお店やサロンやクリニックにもよるので一概には言えませんが、全体的に見ると実はクリニックの方が安い値段設定となっています。
というのも美容外科であるクリニックは、その主な収入源は美容整形となっているからです。

美容整形はやはり費用がかさみますが、そちらがメインであって脱毛はそれにプラスした施術となっています。
一般的な感覚だとやはり美容外科は敷居が高い感じがしますが、クリニック側もそれは充分理解しています。
だからこそ新規のお客を獲得できるように、一番手を出しやすい脱毛料金を抑え、新規獲得するという方法を取っています。

勧誘はクリニックにもよりますが、大手ほど勧誘しないという傾向があります。

一方脱毛サロンでは、エステも行っている場合もありますし、脱毛専門のサロンもあります。
クリニックと違って脱毛がメインになるので、どうしても値段設定が高くなってしまうのです。

そしてもう一つ、脱毛サロンが値段設定が高くなる理由があります。
それは、スタッフの離職率の高さです。

どうしてもノルマだったり売り上げ目標があるサロンが多く、やめてしまうことがクリニックに比べて多くなるのです。
クリニックは看護師がメインなのでそれなりに待遇も良いですが、サロンの場合は特に資格も経験もなく働けるために厳しい環境であることが多くなってしまいます。
離職率が高いと新たにスタッフを募集することとなりますが、そうすると費用もかさんでしまうのです。

サロンには勧誘があるかどうかですが、ほとんどが勧誘はあると思ってください。
特に大手になればなるほど勧誘があることが多いです。

4.部位によって医療脱毛と脱毛サロンを分ける

もし料金などを比較して迷った場合は、脱毛する部位によっても変えてもいいかもしれません。
毛が濃い部位であれば脱毛サロンでも充分に脱毛できますから、格安でできる場合はその方がお得になります。

もともと毛の薄い顔の産毛や手の甲なんかだと医療脱毛の方が効果的なので、どうしてもキレイに脱毛したい場合はクリニックに行った方がいいかもしれません。
しかし脱毛サロンは定期的にキャンペーンや格安のトライアルを行っていることが多いので、そういったものを利用するとかなりお安く脱毛できます。

5.脱毛サロンと医療脱毛どっちを選ぶか悩んだら

医療脱毛のクリニックはベッド数が少ないだけで病院となんら変わりません。
医師と看護師がいるので、不安だという方は医療脱毛がおすすめです。

そして脱毛だけでなくエステも興味があるという方や、脱毛後のスキンケアをしっかりしてほしいという方には脱毛サロンがおすすめです。

脱毛サロンやクリニック選びで迷っているなら「脱毛一年生」という脱毛サイトがおすすめ!脱毛初心者向けに分かりやすく解説されています。

病院とエステなので使う機械は違いますし勧誘の度合いも違いますが、悩んでいるという方は一度両方のトライアルやカウンセリングに行ってみるといいですよ。
来店すればどちらが自分に合っているかということも分かるので、すんなり決めることができます。

 

日本医学脱毛学会も参考にしました。

私は物心ついた時から剛毛で、毛にはずっと悩まされ続けています。
そんな私の現在(28歳)に至るまでの脱毛奮闘記を紹介いたします。

【剛毛に悩んだ青春時代】

中高生時代は剛毛はそこまで気になりませんでしたが、大学入学後から気になり出しました。
異性とのスキンシップが増えた為です。

手、足、は毎日剃っていましたが、
夜剃っても、朝にはもうチクチクしている始末です。
手の甲や口ひげや指の毛もよく見ずとも確認できるので、は3日に一回は剃ります。

背中の毛やVIOも剛毛で、でも自分で処理することができません。
なので特にVIOは伸び放題でこれが1番恥ずかしかったです。
Vゾーンは自分で抜いたりできますが、Iライン、Oラインはどうしたら良いかわからず放置していました。
それゆえ、普段の下着や水着などは際どいものは着用せず、しっかりとIラインを隠すものを選ぶなどしており、
夏場は憂鬱でした。

【脱毛ワックスを使用してみて】

学生時代の私は、剛毛に悩みながらもサロンなど通うことは頭にはありませんでした。
そんな時、薬局にて「脱毛ワックス」なるものを発見し試してみることにしました。

今やブラジリアンワックスは有名ですが、私が購入した脱毛ワックスはそれと似たようなものでした。
粘着面のあるシートを貼り、しばらく放置した後一気に剥がすというものでした。
足、腕に試してみると綺麗に毛が抜けました。
商品はデリケートゾーンへの使用はオススメしてありませんでしたが、IOラインに使用してみました。

結論は「二度としない!」です。
理由は大きく分けて3つです。
①とても痛い
②粘着面がIラインに残って中々落ちない
③そんなに綺麗に抜けない

ご存知の方も多いと思いますが、剥がすときにとても痛いです。皮膚がはがれるんじゃないかと不安になりながら、風呂場で独り頑張りました。
剥がしてみると一部は抜けているものの、大多数は残っていて、しかもベタベタしたものがIラインに残って取るのに苦労しました。
試した後、「一体自分は何をしているんだろう?」という情けない気持ちに苛まれました。

【サロンや病院に行くか、自宅で自分でするか】

脱毛ワックスの失敗後サロンや病院など、専門の機関で脱毛しようかどうか、とても悩みました。
専門の機関に行けば自分のVIOを見られるのがとにかく恥ずかしく中々足を踏み出すことができませんでした。

自宅での脱毛機器は手軽である反面、効果は薄いかもしれませんし、
サロンや医療機関は効果は期待できるが、通うのが面倒ですし、
一長一短で選ぶのは難しく、当分何もせずに過ごしました。

【自宅用脱毛機器「ケノン」を購入してみて】

そんなこんなで剛毛ライフを送っていたあくる日、自宅用脱毛機器で有名なケノンを購入しました。

ネットサーフィンをしていた際、広告に出ていたのが気になって、
商品情報を徹底リサーチしました。
結「使ってみなけりゃわからない!」ということになり試しに購入してみました。

照射レベルがレベルが1?10まであり、
最初は恐る恐るレベル1から照射してみました。
ピリッと痛い程度で、特に効果は出そうになかったので、徐々にレベルを上げていきました。
流石にレベル6あたりから「痛っ!」という感覚になって来ました。

しかし口コミなど見るとレベル10にしないと効果はあまりないという情報もよく目にしましたので、勇気を出してレベル10にて照射しました。

照射範囲は狭いので、地道な作業です。
腕、指、スネ、膝、VIOで1時間はかかります。
ただ、毎日照射するわけではないので特に苦にはなりません。

サロンに行くよりは手早く済んでいるのではないでしょうか。

【ケノンの効果は?】

結局ケノンを半年使ってみて効果はどうだったかというと、
効果はありました!

最初は、照射しても以前と同じように生えて来ていました。
しかし、回を重ねるごとに毛の生える速度が少しずつ遅くなり、若干ずつですが毛の量も減っていきました。
しかし、これは腕やスネなど毛の薄い箇所の話で、VIOは特に効果を感じませんでした。
毛が濃すぎるのかもしれませんね。
照射部分の毛を剃らないといけないですし、何より照射している姿があまりにも滑稽なので今後はVIOには使用しないとおもいます。

ただ、毛の細い部分には私の場合はですが、効果を期待できるので続けたいと思います。

【妊娠すると毛が薄くなる?!】

ケノンを継続して試したかったのですが、妊娠したため念のため使用を中止しました。
その際腕や指、太ももやスネの毛がほぼ無くなりました。
VIOは薄くならずそのままでした。
産後も毛は薄くなったままで、脱毛活動は当面しなくても良さそうです。

妊娠し、ホルモンバランスが変化して薄くなったのか、
ケノンの効果があったのかいまだに謎です。
青春時代から悩み続けた毛の問題ですが、28歳になり出産すると「どうでもいいや」という気持ちになるものです。
VIOも産前はどうにかしようかとも思いましたが、産後は何か吹っ切れた気持ちになり当面は何もしない予定です。
こうして私の脱毛奮闘記は幕を閉じたのでした。

脱毛をすることによってムダ毛がなくなり、肌がツルツルの状態になるのは嬉しいことですが、施術にはある程度の痛みが伴います。

 

口コミを見てみると、刺すような痛みを感じた、ピリッと電流が走った、ゴムで弾かれたようだったといろいろな感想が見られますが、脱毛方法によってもその違いがありますので、施術を受ける際には自身が痛みに強いかどうか、どの程度なら耐えられそうかを予め確認しておくのがおすすめです。

 
脱毛方法は大きく分けると、フラッシュ脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛の三つが挙げられます。

脱毛サロンで受けられるフラッシュ脱毛の痛み

脱毛サロンで行っている施術はフラッシュ脱毛と呼ばれているもので、元々美肌エステに利用されていた技術を応用して誕生しました。メラニン色素に反応する光を肌に当てることで、毛根に熱ダメージを与えてムダ毛を処理していきます。

 

この熱を生じる際に、毛根に隣接する肌に一瞬熱さが伝わることで痛みを感じることがあるのです。そのため、施術の際には冷やしながら行うのが一般的です。

 
ただし、フラッシュ脱毛の場合には特別な資格を持たないエステティシャンでも使用できる機器を利用しており、毛根を破壊するまでの強い光を照射することができません。その分脱毛の効果は弱いものになってしまいますが、そのかわりに刺激が弱く、痛みを感じにくいというのが特徴になっています。

 
一瞬痛みを感じてもすぐに治まる程度のもので、人によっては全く刺激を感じないということも少なくありません。脱毛には興味を持っているけれども痛みに弱いのが心配だというかたに向いている脱毛方法です。

医療機関で受けられる医療レーザー脱毛の痛み

医療レーザー脱毛の仕組みはフラッシュ脱毛とほとんど同じです。ですが、拡散する複数種類の光を利用したフラッシュ脱毛とは違い、一種類の光を集中的に照射できる分、脱毛の効果が上がります。

 

毛根や毛乳頭を破壊する施術となりますから、医師免許を持っている医師にしか行うことができません。また、強力な照射を可能としているため、脱毛完了までの回数を大幅に減らすことができますが、その分施術には強い痛みを伴いやすくなります。

 
施術の際には医師に相談をして照射出力を調整してもらいながら、我慢できる範囲で施術を行うのが賢明です。ただし、医療機関であることから、我慢できない痛みに対して麻酔を塗布してもらうなどの対策を行うことも可能になります。出力を弱めた分せっかくの脱毛効果も減ってしまいますから、麻酔を有効利用するといいでしょう。

自宅で使用できる家庭用脱毛器について

昨今では性能のいい家庭用脱毛器も登場しており、自宅でセルフケアを行っているかたも少なくありません。フラッシュ脱毛式、レーザー脱毛式の二つの種類が一般的ですが、いずれも家庭で安全に使用できるように業務用の機器に比べて出力が抑えられているのが特徴です。

 
効果を得るためには定期的かつ長期的な使用が必要になりますが、出力の関係で痛みを感じづらいのがメリットです。しかし、事前にしっかりと冷やさなかったり出力を上げすぎてしまうと刺激を感じやすくなり、火傷をしてしまうこともあります。

 

自身に合った出力で適切な使用を行わなければトラブルになってしまいやすく、全ての行程を自己責任で行わなければなりませんから、慎重にならなければなりません。

効果が高いニードル脱毛の痛み

光を利用したフラッシュ脱毛やレーザー脱毛とは異なり、ニードル脱毛は毛穴に直接ハリを刺して電流を流し、一本ずつムダ毛を処理していく方法になります。白髪や細い産毛も処理できる便利な脱毛方法ですが、非常に強い痛みを感じる施術です。刺激のあまりに涙が出てきてしまうかたもいるほどのものになります。

 

その代わりに高い効果を得やすく、ニードル脱毛で処理したムダ毛はその後再生してくる確率が非常に低いものとなり、永久脱毛に最も近い方法です。

 
一部の資格を持っているエステティシャンがいるサロンや、医療機関で受けられる施術になりますが、時間と手間がかかり、なおかつ痛みが強いことから一度に大量のムダ毛を処理するのにはあまり向いていません。

効果と痛みは比例する

一般的には脱毛効果が高い施術方法ほど、痛みが強くなる傾向にあります。効率よく脱毛効果を得たいのであればレーザー脱毛やニードル脱毛を考えるのがおすすめですが、時間がかかってもストレスを感じない方法で施術を受けたいというのであればフラッシュ脱毛が適しているでしょう。自分に合った方法を探して、続けやすい手段で脱毛をするのが賢明です。

部位によっても異なる痛み

脱毛方法だけではなく、施術する部位によっても痛みの感じかたが異なります。光を利用した脱毛方法の場合には皮膚が薄く神経が多く通っている部位ほど刺激に対して敏感になりますので、ワキやアンダーヘア、顔などは痛みを感じやすいのが特徴です。

 
また、脱毛サロンの施術方法や出力の強さによっても感じかたに違いが出てきますから、一概に口コミだけで痛い、痛くないと判断することは難しくなります。実際に自身で施術受けながら出力を調整してもらったり、痛まないようによく冷やしてもらうなどして相談しながら脱毛していくようにするのが、快適な脱毛方法になります。

 

我慢しているだけではわかりませんから、施術に対する要望はなるべく素直に伝えるようにしてください。

テレビなどのメディアに露出する芸能人は、自己をよりよく魅せるために衣裳やヘアースタイル、それにメークはもちろんのこと、ムダ毛にだって留意しているはずです。モデルやグラビアアイドルなどであれば、その傾向は顕著といえるでしょう。

 

特に永久脱毛であれば、ムダ毛の処理に困ることはないために、肌を露出する部分の大きい衣裳を着用した際に肌を接写されるようなことがあろうとも、肌を美しく魅せることが可能なのです。

 

しかし、芸能人であれば、とても多忙であるために自分で処理をすることが難しくなってくるために、クリニックやサロンでプロの手によって永久脱毛に興じるのです。
そうしたことから、芸能人のムダ毛処理事情を調査してみました。

■グラビアモデルなどの芸能人のムダ毛処理事情

芸能人のうち、特にグラビアに登場するアイドルやモデルは自身の肌を魅せていかなくてはならないために撮影中は、とにかく肌を露出する機会が多いことでしょう。衣裳に至っても水着やタンクトップ、下着などというように全く肌を見せないということは皆無な仕事です。

 

そのために、グラビアアイドルやモデルなどは、自己の体を担保として仕事をしていかなくてはならないために、自己をさらにキレイに魅せるために入念に全身の至る部分のムダ毛に対して注意を払っています。しかし、グラビアで活躍している彼女たちの皆が皆すべてが、脱毛クリニックやサロンに通っているわけではないのです。

 

クリニックやサロンで脱毛処理をすれば、相当キレイに処理することが可能となるのですが、金銭面でも相当の出費を要します。特に全身脱毛であれば、その費用はなかなかのものとなってしまいますよね。

■新人はどのようにして費用を工面しているのか

グラビアモデルやアイドルなどは、いくら自己の体に留意せざるを得ないといっても、新人時代には給与が少額であるために資金が潤沢でなく、とてもクリニックやサロンに大金をはたけません。そのため自己処理によってムダ毛処理をしている人もいるようです。

■自己処理の方法とは

ムダ毛の自己処理のなかには、除毛クリームや脱毛ワックス、それに自宅用の脱毛器具、はてはカミソリや毛抜きなどを用いて脱毛を行っているようです。しかし、自己処理によって脱毛をすれば、肌荒れや毛穴の黒ずみを生じさせかねません。

■プロの仕上がりとは

この点、プロフェッショナルの手によって脱毛処理をしてもらえば、最新鋭の器具を用いることとなるために、自己処理によって起こり得る肌荒れや怪我などに対して恐れることもないばかりか、その仕上がりに至っても自己処理とは雲泥の差です。

 
そして、自己処理によって脱毛することが不可能である箇所についても第三者の手によって脱毛してもらることも可能であるために、背中などの自己処理では到底難しい脱毛処理もキレイにできるのです。そうしたことから、多少の無理をしてでも分割払いをしてでもプロの手による施術が可能となるクリニックやサロンに赴いているのですよ。

■永久脱毛しているのは何もグラビアのみではない

何もグラビアで活躍する女性のみならず、そのほかの有名人なども永久脱毛している人は多いです。些細なムダ毛であれば、ちょっとしたメークやコンシーラーなどで隠すこともできるのですが、テレビの画質の良さからして、何らのムダ毛のない状態でテレビに写っていることからすれば、その処理の精度からして、やはりプロの手を借りているものといわざるを得ないのです。

 
有名人らはテレビを通じて相当多くの人から注目される仕事を行っているために、自ずから美に対して意識が向上していきますから、ムダ毛についても入念に行っている人が当然に多くなってきます。

■永久脱毛を公言している芸能人

時おり、自己が永久脱毛している旨を公言している人がいるようですね。グラビアアイドルやタレント、美容・ファッション面で注目されている芸能人のほかにも、お笑い芸人も該当します。

 

また、VIOが剛毛であるために永久脱毛したと公言している芸能人もいるようですね。通常の場合、芸能人はアンダーヘアを露出することはないのですが、肌の露出させる部分の多ければ、それでもVIOやIラインに対しても永久脱毛している人が多いようです。

■永久脱毛しているのは女性のみではない

男性であっても永久脱毛をしている人は存在します。アーティストやタレントに加えてお笑い芸人も永久脱毛をしている旨を公言しているようですね。なかには何百万も使って永久脱毛に興じた人もいるみたいです。男性の場合であれば、髭を永久脱毛している人も多いです。

■芸能人のムダ毛を見る方も不愉快

テレビで露出する際に、アンダーヘアが映ることはないにしても、ワキ毛やすね毛、それに髭のうぶ毛などが放映されるとなると、本人からすればとても恥ずかしいですよね。それに視聴者からも不快と思われるでしょう。そうしたことを意識して、ムダ毛処理を行っているものといえるでしょう。

 

よって、芸能人がムダ毛に対して自己処理を行わず、プロの手によってクリニックやサロンで脱毛することにより、キレイな素肌になることを実現しようとすることは必須といっても、決して過言ではないような気もしますね。